読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泡般若ぴーぽー

読書メモ

2016年12月27日

昨日大人買いした若竹七海『葉村晶シリーズ』に取り掛かる。
まずは『依頼人は死んだ (文春文庫)』から。
午前中で読み終えて、午後は『悪いうさぎ (文春文庫)』をのんびり読んでいく。
このシリーズはアレだ。
決して表紙の可愛らしい絵に騙されてはいけない。
覚悟して読まないと、折り重なった人間の悪意で心をやられる。
「悪いうさぎ」なんてタイトルまで可愛いいのに。

AmazonKindle paperwhiteがセールだったので自分へのクリスマスプレゼントに購入。
実は今までKindle Paperwhiteは2回購入して、2回ともあまり活用しないまま手放しているので、これが3回目の購入ということになる。
3度目の正直となるか。
早速Kindleストアでセールをやっていた開高健最後の晩餐 (文春文庫 か 1-5)』と、『新解さんの謎 (文春文庫)』を購入。
年末の新幹線で活躍してくれることを祈ろう。

夕方は散歩がてらに立ち寄った書店で、Web本の雑誌で紹介していて気になっていた門田隆将『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発 (角川文庫)』を書店で購入。
東日本大震災で実家を失った身として、震災そのものを忘れそうになると関連書籍を読んで気持ちを新たにすることにしている。